懐かしのオールディーズ満開
銀座ACBへようこそ


2009年3月10日(火)〜3月15日(日)
銀座・博品館劇場

キャスト

ミッキー・カーチス(13.14.15日)、山下敬二郎、田代みどり(10.11.12日)、松島アキラ、久保浩、千波丈太郎、
大西結花、正木慎也、愛川ゆかり、マリリン、大地旭、西沢小百合、岡田姉妹、愛歌月麻衣、桐生大輔



公演チラシ
(クリックすると大きなサイズで見る事ができます)






当初は舞台劇をメインとし、合い間に歌を挟む形で企画された「銀座ACBへようこそ」。
その後紆余曲折を経て、最終的には博品館劇場にACBをそのまま再現。
ライブステージ中心の白熱の舞台となった。
選曲は勿論当時のまま、途中幕間を入れる事なく走り続けるステージは圧巻!

飛び交う紙テープ、左右に振られるペンライト。
出演者と共に立ち上がり踊りだすファンの姿はまさにACBそのものであった・・・



千波氏の役柄

銀座ACB設立者である故・谷富次郎氏を演じ、経営者から見たACBの思い出を語る。
歌の合い間のみの出演であったが、ステージで歌い踊るスター達の良き兄貴分として、
またジャズ喫茶という日本初の試みを果たした男の気骨を雰囲気たっぷりに演じた。
華やかな舞台のなかただ一人、貫禄ある着物姿での出演であった。




公演パンフ





千波さんと大地旭さんの2ショット。
銀座ロマンファミリーとも呼べるお二方、息もピッタリでした。






ロビーでは観客によるリクエストが行われた。









作・演出 田村隆

◆銀座ACB制作委員会◆





戻る